指輪をはめる指によって意味が違う?|通販で失敗しない!ロレックスや指輪・シルバーアクセサリー選び

左手の薬指以外に指ごとに意味が違う

左手の薬指に指輪をしている人は、結婚しているというイメージがあります。左手の薬指には男女の愛の証という意味があるため、結婚指輪をはめるのです。右手の場合は精神を落ち着けるや、感性を高めて創造性を刺激するという意味があるのです。ここでは、それぞれの指がもつ意味を紹介するので、指輪をはめる際の参考にしてみてください。

指輪をはめる指によって意味が違う?

指輪

親指:強い意志や困難に打ち勝つことができる

右手の親指には、行動力や意思が強い人を表すことがあり指導者に向いています。目標や夢があるという人は、親指に指輪をはめてみてください。左手の親指には、信念を貫いて目標を実現させるという意味があります。

人差し指:自分から積極的に動くことができる

人差し指にはめるのは、活動的になって行動力を高めることができるという意味です。右手の場合だと集中力を高める、左手だと前向きになって積極的に動くことができるといわれています。後ろ向きな考え方を変えたいという人は、左手の人差し指にはめることをおすすめします。

中指:仕事で役立つ直感やひらめき・恋人を惹きつける

中指に指輪をはめると邪気を祓う効果や、霊感や直感力を高めるという効果があります。右手の中指では自分の思った通りに行動する力や、結果を出すための力があります。左手の場合は直感力やひらめきの向上に効果があるので、仕事に悩んでいる人におすすめです。協調性を高める意味や恋人を募集しているという意味もあるのです。

小指:チャンスを呼び寄せる効果

左手の小指に指輪をはめると、チャンスを引き寄せたり片思いの人との絆を深めたりする意味があります。右手だと自分の魅力を引き出して好感度を高めるという意味です。右手の小指には他にも、お守りの意味があるので、事故などが起きないように自分を守ってみましょう。

広告募集中